サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
カメラリポート

【カメラリポート】音訳ボランティアグループ「鈴音の会」

視覚障害者に「声の新聞」届けます。


【カメラリポート】音訳ボランティアグループ「鈴音の会」
(2009/10/28放送)

伊那市高遠町でマッサージ治療院を営む中山壌さん。

 幼い時に病気で視力を失った。

耳を傾けているのは、「声の新聞」。



新聞を朗読しているのは、ボランティアグループ鈴音の会の鈴木あい子会長。

 伊那図書館の一室で地域の新聞を読み録音している。

 鈴音の会は、50代、60代を中心とした22人が会員となっていて、週に2回グループごとに録音作業をしている。

 録音中は、間違いがないかチェックする人を必ずつけるようにしている。読む事が好きで集まったボランティアだが届けるのは新聞の情報。

 正しく事実が伝わるように、そこはプロの意識を持って臨む。

 鈴木会長は、「人名、地名を間違えるという事は失礼にあたる」と話す。



 会では、より質の高い読み方を目指して、講習会も行っている。

 声の新聞を利用している中山さんは、「スムーズで、聞き取りやすい」と話していた。



鈴音の会の「声の新聞」。上伊那に住む21人の利用者のもとへと届けられている。 

 鈴音の会では、ボランティアの人数を増やす事で、声の新聞を毎日届けられるように、また、新聞以外にも本の朗読をしていきたいという事で、「興味がある方は、入会してほしい」と鈴木会長は話していた。

 鈴音の会に関する問い合わせは、伊那図書館まで。

電話73-2222

カメラリポート 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2020 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.