サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
カメラリポート

【カメラ・リポート】信州デスティネーションキャンペーン プレイベント10月から始まる

長野県とJRがタイアップ


【カメラ・リポート】信州デスティネーションキャンペーン プレイベント10月から始まる
(2009/10/2放送)

長野県とJRがタイアップした大型観光キャンペーン信州デスティネーションキャンペーンが来年の秋実施される。

来年の本番を前に、今年10月から、キャンペーンのプレ企画が、県内各地で予定されている。

 キャンペーン期間中は全国のJRの駅や列車内にポスターが張り出されるなど、全国に信州の魅力を発信し、誘客を図る。

キャッチフレーズは「未知を歩こう。信州」


キャッチフレーズは「未知を歩こう。信州」

 信州デスティネーションキャンペーン(信州DC)とは、デスティネーションという目的地・行き先を現した言葉と、キャンペーンという宣伝という言葉を合わせた造語で、これらを組み合わせた大型のキャンペーン。

 信州DCのキャッチフレーズ、ロゴマークが作成されている。

キャッチフレーズは、「未知を歩こう。信州」で、信州は歩くほどに発見がある、未知なる道の宝庫であるということを意味している。

今年10月から信州DCのプレキャンペーン


今年10月から信州DCのプレキャンペーン

 来年の本番のキャンペーンに先立って、今年10月から12月にプレキャンペーンが実施される。 

 キャンペーン用のポスターやパンフレットが全国に配布される。

 上伊那地域では、駅を発着としたコースを用意していて、例えば、伊那市旧井澤家住宅や伊那部宿、旧入舟停留所などを周る半日から1日のお手軽なコースなど町中を観光客などに歩いてもらおうと企画している。



 上伊那地方事務所商工観光課の小野政仁係長は、「このキャンペーンは誘客を目的としているが、この期間中だけ、観光客に来ていただくことが成功ではない。その観光客がリピーターとなっていただく事が、一番重要です。 来られた観光客を、地域の住民のみなさんにおもてなしの心でお迎えしていただきたいと思います。宜しくお願い致します。」と呼びかけている。

 長野県では、今年のプレ企画での取り組みを参考にして、来年の本番に向けて、観光客を受け入れるおもてなしの仕組みを作っていきたいとしている。

カメラリポート 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2020 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.