サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
カメラリポート

【カメラリポート】みのわ手筒会 向山恵さん


【カメラリポート】みのわ手筒会 向山恵さん
(2009/7/27放送)

 夏の夜空を彩る花火。

 今年もみのわ手筒会による手筒花火が25日、箕輪町の天竜公園で行われた。

 みのわ手筒会は、まちづくりの活性化につなげようと平成14年に発足した。

 会員40人のうち4人が女性だ。

 このうち今年で会に入り6年目の向山恵さんは、手筒会のメンバーが法被を着ている姿に憧れて会に入った。

 「ただ法被に憧れてしまったので、花火はその次だった。力仕事などできないこともあるけれど、できることを自分で見つけてやったりして、花火を打ち揚げられるので、その充実感はある」



 花火大会当日、悪天候の中準備が進められていた。

 みのわ手筒会では、会員皆が協力して準備をする。

 唐澤修一会長は、「男女一緒にやるということで隔てなく作業させるので、彼女にとっては大変かと思う。けれど、逆に女性にとってみればそのほうがいいという声なので、本当に男の人も女の人もなく活動してもらっている」と話す。



 心配された雨も上がり花火大会が始まった。

 天竜公園では仕掛け花火など9つのプログラムが行われ、訪れた大勢の人たちが花火を楽しんでいた。



 最後は、手筒花火で締めくくりとなった。

 「気持ちいいです。揚げる前はドキドキですけど、心臓が飛び出しそうで…。でも打ち揚げた瞬間はもう気持ちがいいの一言です」

 向山さんも男性に交じって花火を揚げた。

 「結婚しているので、もしこれから子どもを産んでも、その後打ち揚げをして、子どもと一緒に打ち揚げできればと思う」と話す向山さん。「手筒花火を通して多くの人達に笑顔や感動を与えていきたい」という。

カメラリポート 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2020 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.