サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
カメラリポート

【カメラリポート】 カポエイラ

ブラジル伝統の格闘技 伊那で教室開催


【カメラリポート】 カポエイラ
(2009/5/27放送)

ブラジルの伝統的な格闘技「カポエイラ」。

 カポエイラは相手に触れないことを基本に、音楽に合わせて行われるもので、ダンスと格闘技の中間的なものといわれている。

 その教室が、伊那市のベルシャイン伊那店向かいのビルにある。

 カポエイラ教室「カポエラ・モビメント」だ。

週3回の教室が開かれていて、4歳の子どもから大人まで60人ほどが通っている。

指導はブラジル人が行っている

「皆さん優しくて教えるのが上手です」


指導はブラジル人が行っている

教室を開いているのはブラジル人の芝 ソランジェさん。そしてソランジェさんの依頼を受けた3人が指導にあたっている。

 教室は2年ほど前から開かれていて、日本人も一緒に練習に励んでいる。

 参加している日本人は、「ブラジル人が元々好きなこともあって、また、年齢を重ねてきたので、柔軟性を維持するためと、メタボリックの解消を兼ねて参加しています。ブラジルの皆さんは、優しくて、上手に教えてくれます」と話す。

カポエイラの起源は黒人奴隷

音楽とダンスでカモフラージュ


カポエイラの起源は黒人奴隷

カポエイラは、16世紀ごろ始まったとされている。

 ポルトガルがブラジルを植民地化した際、連行された黒人奴隷が音楽を鳴らし、ダンスを踊りながらカモフラージュして、主人に分からないよう密かに練習していた格闘技とされる。

 カポエイラは身体が触れ合わないため、基本的に怪我をしない格闘技で、体の柔軟性を高めたり、メタボリックの解消にも繋がる。

「楽しいよ 一緒にやりましょう」

教室への参加を呼びかけ


「楽しいよ 一緒にやりましょう」

教室を開いている芝ソランジェさんは「カポエイラは楽しいよ。一緒にやりましょう」と呼びかけている。

このカポエイラの教室は、毎週火曜日の午後1時からと毎週水曜日・土曜日の午後8時半から開かれている。

カメラリポート 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2020 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.