サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
カメラリポート

【カメラリポート】伝統のだるま市


【カメラリポート】伝統のだるま市
(2009/2/10放送)

 400年前から開かれている伊那市高遠町のだるま市は11日、西高遠の鉾寺神社参道を中心に行われる。

 このだるま市は毎年、鉾持神社の祈願祭に合わせて2月11日の祭日に行われている。

 鉾持神社の祈願祭は、1年間の暴風雨や日照りもなく、農作物が豊作であるように祈る祭りで、昔は稲や豆など農作物の種の交換や売買もしていたことから、初市とも呼ばれていた。



 高遠町の歴史に詳しい矢澤章一さん(高遠町在住)によると、昔は14日市として開かれていたという。

 「2月14日というと昔は猛烈に寒かった。零下何十度になるくらいにね。子どものころは市が楽しみで、夜11時ころに出て行ってお参りして。真っ暗よ。帰りにだるまを買って、うどんを食べて、朝5時ころに帰ってきたかな」


写真:矢澤章一さん提供

 当時は、だるまの数も、店の数も多く、ぎっしりと軒を連ねていたという。

 店々を見て歩き、「お前んとこは高いから、こっちで買うっていうように値切って買ったんだよ」



 もう一つ、だるま市を楽しませているのが人形飾り。

 人形飾りは1700年頃から始まったとされていて、高遠町の各地区で制作している。


写真:矢澤章一さん提供

 この人形飾り、当時は家の2階部分に飾っていた。

 「今みたいに道が広くないから、狭い道のところでやるとなると立体的に使わないと、ということで屋根の上に飾りものをした。上を向いても見られるし、そういうことだったんだろうね」

 矢澤さんは、人をかき分け、屋根の上の人形飾りを眺めたことをよく覚えているという。

 今年も、だるま市が開かれる。

 「やはりね、だるま市で買うだるまが一番役得があるんじゃないかな。そんな気がする」

カメラリポート 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2020 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.