サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
カメラリポート

カメラリポート 今も残る高遠城の門

伊那市の民家に移築された門


カメラリポート 今も残る高遠城の門
(2012/8/17放送)

 伊那市高遠町の高遠城址公園の保存や復元整備を検討する史跡 高遠城跡整備委員会による調査で、高遠城の本丸の門の一部が伊那市東春近の民家に移築され、当時の姿を今も残していることがわかりました。

 高遠城から移築されたこの門は、高さおよそ2メートル50センチ、幅はおよそ3メートル、高遠城の本丸入口にあった門だといわれています。

 明治に入り廃藩置県の令が出されると、高遠城郭内にあった建造物や樹木が民間に払い下げられました。

 この門もその時のものです。



 幕末に描かれた高遠城の敷地の絵図には、本丸入口にこの門があったことが記されています。



 調査は整備委員会の委員で、信濃建築史研究室の吉澤政己さんが行いました。



この門がある家に住む鳥原正憲さんです。

 家に伝わる資料によると、正憲さんの先祖が明治5年に買い受けたということです。

 史跡高遠城跡整備委員会では、復元について検討し、この門を史料として役立てていきたいとしています。

spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2019 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.