サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
スポーツ

終盤に追い上げ 上伊那初日は5位

第61回長野県縦断駅伝


終盤に追い上げ 上伊那初日は5位
5位でゴールに入る池上選手(上伊那)
(2012/11/17放送)

 長野県を北から南に縦断して襷をつなぐ、第61回長野県縦断駅伝が17日始まりました。

 長野市から岡谷市までの初日、上伊那は5位となっています。

 朝8時半、号砲とともに県内15地域の選手たちが、長野市の信濃毎日新聞本社前をスタートしました。

 県縦断駅伝は、昭和27年から毎年開かれていて、今年で61回目を迎えます。

 2日間かけて、長野市から飯田市まで、およそ220キロを襷でつなぎ、県内を縦断します。

 初日は、各チーム岡谷市のゴールを目指し、12人で襷をつなぎました。

 過去33回と最多優勝数の上伊那は、序盤7位前後を行き来する苦しい展開となりましたが、終盤の11区、12区で順位を押し上げ、1位の上田東御小県と9分29秒差の5位でゴールしました。

 上伊那チームの竹入増男監督は「スタートで出遅れてしまったが、選手の頑張りもあり5位まで順位を上げる事ができた。2日目は地元の期待に応えられるよう、最初から飛ばして一つでも上の順位を狙っていきたい」と話していました。

 2日目の18日は松本市の松本城公園から飯田市の飯田合同庁舎までの98.5キロで、伊那市での襷リレーは、長野ダイハツ販売伊那店前で10時半頃となっています。

スポーツ 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2021 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.