サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
社会・くらし

新山保育園 来年度再開の見通し


新山保育園 来年度再開の見通し
(2013/7/29放送)

園児数の不足により休園となっている伊那市の新山保育園。

来年度、再開の基準となる園児20人を確保できる見通しがたったことがわかりました。

 28日新山保育園で開かれたイベントの中で、地域住民でつくる新山保育園・小学校を考える会が再開基準となる園児20人を確保できる見通しがたったことを保護者に説明しました。

 新山保育園は平成21年度から園児数の不足で休園となっていて現在は富県や美篶保育園などに通っています。

 伊那市では園児数が20人以上となった場合は保育園を再開するとしています。

 考える会によると、来年度の園児数は新山地区で年長2人、年中3人、年少6人、未満児が9人の合わせて20人が希望しているということです。

 また、平成28年度までは園児数が確保できる見通しとしています。

 考える会では、今後は子どもの確保に向け、定住対策にも力をいれていきたいとしています。

 伊那市では、11月初旬に来年度の入園予定者がまとまった段階で20人に達すれば再開に向け準備を進めていくとしています。

社会・くらし 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2019 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.