サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
農林水産

南箕輪村地区環境保全会が協定締結

久保・田畑・大泉の3組織に交付金


南箕輪村地区環境保全会が協定締結
(2013/6/21放送)

南箕輪村と久保・田畑・大泉3地区の環境保全会は、21日役場で交付金を受け取るための協定を締結しました。

役場で行われた締結式では、久保農地・水・環境保全会、田畑農地・水・環境保全会、大泉田園景観保全会の3団体と南箕輪村が協定書を取り交わしました。

この協定により農地の環境整備に対する国や県、村からの交付金が受けられるようになります。

事業は平成25年度から28年度までで、それぞれの地区内にある農振農用地の面積に応じて交付されます。

久保・田畑には、年間約300万円、大泉には、650万円が4年間にわたり交付されます。

昨年度は、神子柴が協定を締結し260万円が交付されました。

唐木一直村長は、「非農家世帯が増える中で農地や水は共通の財産。美しい村づくりの先頭に立って活動していってほしい」とあいさつしました。

3団体の代表も調印を終えあいさつし、田畑農地・水・環境保全会の澤田昇三会長(69)は、「28年度までの事業だが、芽生えた活動や交流の輪をそれ以降も継続・発展させていきたい」と話しました。

大泉田園景観保全会の原孝壽会長(65)は、「先人の心を大切にして農村のコミュニティを高めていきたい」とのべました。

spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2018 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.