サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
教育・福祉・文化

南宮神社で御鹿奉納神事

子どもたちが26頭を奉納 御神体遷座神事も


南宮神社で御鹿奉納神事
(2013/7/14放送)

箕輪町の箕輪南宮神社で、鹿の頭に見立てた飾りをかぶった子どもたちが境内をまわる御鹿奉納神事が14日行われました。

御鹿奉納神事は、450年前から伝わる神事です。

天竜川をはさんで東側の福与、福島と西側の大泉、大泉新田、大萱、富田の「富・大・福」の文字が付く伊那市、箕輪町、南箕輪村の地区が毎年交互に担当して行います。

今年は、西側地区の担当でした。

鹿頭をかぶった子どもの行列は境内の中央を大きく空けて、左回りに三回廻ります。

箕輪町誌によりますと、その昔雨乞いのお礼として鹿を神様に献上した事が、この神事の基になっているといことです。

 この神事が終わると、引き続き御神体遷座の神事が行われました。

建御名方命を神輿に乗せて、三日町の南宮神社秋宮に遷座されます。

42歳の厄年の男性たちが区内を曳航します。

この時だけ、無病息災を祈り神輿の下をくぐることができます。

御神体は、12月27日の夜中に秋宮から春宮の箕輪南宮神社に再び遷座され、これは御神渡りの儀式と呼ばれています。

教育・福祉・文化 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2023 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.