サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
教育・福祉・文化

工作 宮原君、絵画 佐々木君 金賞

こんな時計があったらいいな!アイデア展


工作 宮原君、絵画 佐々木君 金賞
(2013/6/10放送)

伊那市西箕輪の登内時計記念博物館で開かれている「こんな時計があったらいいな!アイデア展」の入賞作品の表彰式が9日、行われました。

アイデア展は、子供たちが考える「夢の時計」をテーマに絵や工作を公募したもので、今回で4回目の開催となります。

作品は、上伊那の小学生や保育園児を中心に絵画171点。工作12点の、合わせて183点の応募がありました。

この日は、その中から選ばれた13点の入賞作品の表彰式が行われました。

工作で最高賞となる金賞には2年連続で伊那市の宮原直雄君の作品が選ばれました。

タイトルは「へんしんロボットとけい」で3時になると、メガネと時計をかけ、銃や剣をとり、変身するというユニークな作品です。

絵画では金賞に駒ヶ根市の佐々木智野君の作品が選ばれました。

タイトルは「ルフィー時計」でマンガワンピースに出てくる旗からイメージし作ったものです。

登内時計記念博物館では、「作品で描いたアイデアを大切に、将来はそれが、現実となるよう夢を持ち続けてほしい」と話していました。

「こんな時計があったらいいな!アイデア展」は6月30日まで登内時計記念博物館で展示されています。

教育・福祉・文化 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2023 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.