サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
教育・福祉・文化

没後70周年記念「中村不折の世界展」

伊那市坂下のはら美術で18日まで


没後70周年記念「中村不折の世界展」
(2013/6/9放送)

70年前に亡くなった高遠ゆかりの画家であり書家の、中村不折の命日に合わせ、6日から伊那市のはら美術で「中村不折の世界展」が始まりました。

会場には、不折の書や日本画など51点が展示されています。

幕末に東京で生まれた中村不折は、幼少期に母の故郷、高遠に移り住みました。

36歳でフランスに渡り油絵も習得しました。今回は、希少とされる不折の油絵2点も展示されています。

これは、大正15年の帝展に出品された作品の下図で、実際に出品されたものは空襲で焼けてしまったのではないかということです。

不折は、森鴎外や夏目漱石、正岡子規など、当時を代表する文化人との親交があり、作品の挿絵も手掛けました。

はら美術では、10年ほどかけて東京や県内各地から不折の作品を集めてきたということで、「洋画、日本画、挿絵、書と多彩な芸術活動を展開してきた巨匠を、見つめなおすきっかけにしたい」と話していました。

没後70周年記念 中村不折の世界展は、18日(火)まで、伊那市坂下のはら美術で開かれています。

教育・福祉・文化 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2023 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.