サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
教育・福祉・文化

前期高齢者対象脳いきいき教室

65歳からの健康クラブ


前期高齢者対象脳いきいき教室
(2013/5/17放送)

 骨や関節、筋肉などの疾患や認知症の予防につなげようと伊那市は、前期高齢者を対象にした脳いきいき教室「65歳からの健康クラブ」を17日、初めて開きました。

 初開催となる17日は、6人が参加しました。

 介護予防などを目的としたのういきいき教室は、市内105か所で開かれ、1,700人が参加しています。

 うち、65歳から74歳までの前期高齢者はおよそ22%の332人に留まっています。

 「65歳からの健康クラブ」は、前期高齢者の参加を増やすことやこれまでの脳いきいき教室では物足りないなどの声があがっていることなどから、年齢制限を定めて開くものです。

 参加者は、職員からトレーニング方法などを教わっていました。

 伊那市には、65歳以上の人はおよそ1万9,000人います。

 このうち、介護保険サービスを利用している人はおよそ3,000人で、利用額は年間およそ56億円となっています。

 65歳以上のうち前期高齢者はおよそ8千人と5割に近いことから、市では早いうちからの体力づくりを呼び掛けています。

 65歳からの健康クラブは、毎週金曜日にほっとセンターみすずで開かれます。

 また、毎週月曜日には男性限定で、西町のぶぁんて・あんで開かれます。

教育・福祉・文化 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2023 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.