サイトリニューアルのお知らせ
トップ | 政治行政 | 経済・産業 | 教育・福祉・文化 | 農林水産 | 社会・くらし | スポーツ
教育・福祉・文化

安川保さん、博さん親子「父子展」

親子の油彩画、水彩画並ぶ


安川保さん、博さん親子「父子展」
(2013/5/21放送)

昭和初期に伊那美術協会の発足に携わった安川保さんと、その長男でフランス在住の洋画家安川博さん親子の「父子展」が、伊那市坂下のはら美術で開かれています。

フランス在住の洋画家、安川博さんは現在82歳です。

博さんは、昭和6年に伊那市中央で生まれ、多摩美術大学を卒業後、伊那北高校や高遠高校で美術の指導にあたり、35歳の時にフランスへ渡りました。

会場には、博さんがヨーロッパの風景を題材に制作した作品や、伊那の風景を描いた作品60点が展示されています。

父の保さんは、明治37年に伊那市荒井で生まれ、昭和62年に82歳で亡くなっています。

保さんは、司法書士の仕事の傍ら水彩画を描き、昭和8年の伊那美術協会設立に尽力しました。

会場には、伊那谷の風景を題材にした作品や静物画など

30点が展示されています。

伊那で父子展を開くのは今回が初めてです。

企画したはら美術では、「昭和初期の伊那谷の文化、芸術の発展に尽力した父、保さんと、フランスで活躍する博さんの作品を、合わせて楽しんでほしい」と話していました。

安川保さん、博さんの父子展は、26日(日)まで、伊那市坂下のはら美術で開かれています。

教育・福祉・文化 最新記事一覧
spacer


CALICO
いなまい・ドットコム
いなまい・ドットコムは3社の共同運営です。
伊那ケーブルテレビジョン株式会社   有限会社キャリコ   チーム・ゴーシュ
Copyright 2023 InaCATV & CaliberCode & Team Gouche All rights reserved.